みみのまばたき

2006-2013 箕面の音楽・文学好きの記録です。

アマゾンで電子小鳥はさえずる:デビッド・チュードアとゴードン・ムンマ『レインフォレスト』

日本ハムが優勝した・・・。新庄っていう人は何か不幸が彼を避けて通っているような印象がある。
1968年7月リオ・デ・ジャネイロでのモダンダンス×電子音楽×現代美術の歴史的パフォーマンスがついにCD化!で、アマゾンで早速購入・・・したが、ずいぶん高いなあと思ったら、あとでMeditationsさんで普通の価格で販売されているのを発見。どーゆーことだよ!?こないだのDerek BaileyEvan Parkerの「The Topography of the Lungs」asin:B000FZERZ4めだった(しかも画像が違う)。メガヒット(ヘッド部)を安くするためにテイル部を高めして売り上げ3分の一のロングテールから吸い上げようってことですか?輸入コストを少ない購買者で負担していただいております、と言われれば納得するしかないのかもしれんが、なら通常の価格設定をなさっている小売店さんはどうなるのだ?なんか釈然としない。現代音楽やフリー即興系などのマイナーなジャンルのリスナーは、貴社に不当な代金をお支払いしていませんか?
・・・いきなり激昂してすいません。
肝心な内容はですね、チュードアとムンマの名前それから名作「レインフォレスト」のタイトルを全く裏切ることなく電子音楽全開です。「レインフォレスト」は以前他の盤がありましたが、今回ので初めて知ったのは、ジャケット写真が示す通り、マース・カニングハム舞踏団の同名の作品のための劇伴音楽としてつくられた模様(舞台上で威勢よく舞い上がっている銀の枕はウォーホルによる装飾!)。ライナーには舞台袖で機材テーブルに座るチュードアとムンマの姿をとらえた写真がある*1
他の作品では圧倒的な殺人電気パルスが、ここでは森の名も知らぬ鳥たちのさえずりのように聴こえ、のっぺりと平坦な部分がなくて、絶えず音の前景と後景が入れ替わっているような印象を受けるのが、個人的にはミソなのかと。密林の物理的なレヴェルのプレッシャーまでありそうな湿気だとか、姿の見えないホエザルの泣き声だとかケモノどものうごめきなどが殆どパラノイアックなまでにリアライズされている、と考えるのが妥当か。電子音楽であることに何の衒いもないところが逆に覚醒しきった知性であり、聴くひとによってはノイジーとしか捉えられないかもしれないが、チュードアの音楽家としての懐の深さを感じるわけです。観客の歓声もすごい。劇伴とはいえ物語性を補強するような要素は聴き取れないので、環境音のようにして舞踏の現場を包み込んでいたのかも、と想像。この舞踏の映像も是非観てみたいものだなあ。
2〜8(MographシリーズとGesturesⅡ*2)と10曲目は、ムンマの作品で、2〜8は、複数のピアノもしくは二人の奏者による作品だが、圧倒的な電子サウンドスケープの「レインフォレスト」の後だと、どうしても密室的な雰囲気。10.Song Without Wordsは、ムンマが電話でチュードアの訃報を聞いた直後に作曲されたソロピアノ曲とのこと。

Music From the Once Festival 1961-1966

Music From the Once Festival 1961-1966

*1:本番のチュードアは、頭上の水素枕が爆発して火事になり、消火器の水が機材を濡らしたら大変、と特大の絶縁シートやゴム手袋を買ってきて備えたり、と音楽以外にもかなり神経質になっていたとのこと

*2:GesturesⅡシリーズは、上リンクのONCEフェスティバルのボックスにも収録。ライナーでムンマも書いているように、「レインフォレスト」の成果もアンアーバーでのムンマの実験成果との協働の成果である部分多々の様子。